使徒伝承のページ

幸福の人生・・・ヒルティの信仰と思想の源流は、「主の言葉」

ルカ福音書 イエス洗礼を受ける(3:21−22) 2016.12.4 集会感話

ルカ福音書 ヨハネの入獄(3:18−20) 2016.11.6 集会感話

「主の言葉」・・・・・神の声、神の力・・・・・2016.10.30 集会感話

ルカ福音書 ヨハネの先駆け(ルカ3:1−17) 2016.10.2集会感話

老いと死の悲しみ・・・「主の言葉」による励ましと有体的復活の希望・・・

泣くな。死んだのではない、眠っているのだ

ルカ福音書 イエスの成長・過越まいり・・・(2:40−52) 2016.7.3集会感話

ルカ福音書 割礼と初詣(2:21−39)・・シメオンの預言とアンナの感謝・・

災害と苦難の聖書的意味・・・2016.5.29集会感話

ルカ福音書 天使、羊飼に現れる(2:8−20)・・・神は福音を信じ易くしてくださる。福音はそれ自身の力で伝わる・・・

ルカ福音書 イエスの誕生(2:1−7)・・・・神の子が馬小屋で生まれた意味・・・・

ルカ福音書 ザカリヤの賛美の歌(1:67−80)・・・「世の災いの救い」から「罪からの救い」の時代へ・・・

建築人生を顧みて

ルカ福音書 ヨハネの誕生(1:57−66)・・・人はいかにして神を信じられか・・・

ルカ福音書 マリヤの賛美の歌(1:46−56) ・・・新しき時代来る。福音の喜びの歌・・・

キリスト信者はなぜ身内から嫌われるのか・・・霊肉の相剋

ルカ福音書 マリヤのエリサベツ訪問(ルカ1:39−45)

「こわれ」ゆく体と「身体のよみがえり」

ルカ福音書 イエス誕生のお告げ(ルカ1:26−38)

ルカ福音書 洗礼者ヨハネ誕生のお告げ(ルカ1:5−25)

人生の5楽章、その折々の聖書

ルカ福音書 はしがき (ルカ1:1−4)

使徒達の伝える証明の「真実」に忠実たれ

ヨハネ福音書の最後の言葉。「永遠の命」

永遠の救いの、聖なる朽ちざるおとずれ

「再臨」は有体的「昇天」と同じ有様で来られる

救われる者は少ないか

なぜ「一番大切な事」なのか。

「神に教えを受ける」

「泣くな。死んだのではない。眠っているのだ。」

「胸が熱くなった」ことによって見えたもの

塚本虎二訳新約聖書。その敷衍に見る信仰の姿勢

「死人の復活」の衝撃と喜び

命の短さを嘆き悲しむ。しかし復活の希望がある

復活とは死後に神の一存で「起こされる」こと

故杉崎孝告別式 式辞

「死人の復活」は神の恩恵。そのよろこび。

「エロイ エロイ ラマ サバクタニ」の謎

イスラム文化に触れて。ドバイ訪問

異教人ポンテオ・ピラトの意義

イエスの受難物語は人を罪と死の悲しみから救う神の恵みの知恵

イエスの言葉は不思議であった

人は主の再臨によって「永遠の命」に生きる

イエスの裁判に学ぶ

汝はキリスト、神の子なるか。

生命の書にその名を書かれている者、

眠りとしての死・・・・罪の赦しと復活の希望

「聖書で聖書を読む」方法

「御心のままに」とは・・・「聴かれざる祈祷」の意義・・・

神による「罪の赦し」の不思議・・・霊の目は神が開けてくださる・・・

故宮本佳彦告別式弔辞

現世は来世への準備・・・どんな不幸にもめげない人生観・・・

永遠の命の喜び

イエスの言葉がわかる時

楽園喪失から楽園回復への道。(東京聖書読者会)

イエスの有体的復活は、神による『永遠の命』の証明

楽園喪失から楽園回復への道。

神・キリスト・聖霊の働きが人を救う

キリスト信者が憎まれる理由。

実を結ぶとはどういうことか

悪魔(悪霊、サタン)の実在とその働き

新約聖書における「この世」

慰めと励ましの主の再臨の約束、救いの完成

栄光とは何か、

永遠の生命への希望

肉体の衰えの悲しみ。有体的復活の栄光の喜び。

家庭が崩壊して永遠の命を知る

その時悪魔(サタン)がユダに入った(ルカ22:3)

罪が赦されたことは見える形になった――ヒューマニズムは神を殺す――

「神様、どうしてなんですか」と泣く時に

胸が熱くなってみえたもの――現代無教会のグノーシス的傾向(2000.5.3校正)

号泣は神が復活と永遠の命に導く恩恵の時

天の国のことに通じた学者とは誰か

一粒の麦は、落ちて死なずば

誰が天国に行けるのか・・・人の救いは最後の日・・・

死は眠り。終末には総ての人が復活させられて裁きの座につく

救われるべき「残りの人々」は確実にいる

善い信者と悪い信者

「私はモーだめでしょうか」

大震災と原発事故により神は「恐ろしい方」であることを知る

「終末と再臨」を待望する喜び。新天新地への期待

科学技術の独立性

TSK日本語版 ヨハネによる福音書

ヨナの徴(有体的復活の徴)以外の徴は与えられない

コハガラナクテモイヽ 有体的復活は確実だ

大震災の意味を聖書に学ぶ・・・人の子来臨の前兆・・・

イエスを主と告白する者は、神殿宗教に戻るな

TSK日本語版 ルカによる福音書

救世主(キリスト)はだれの子か・・・・・イエスを神の子と告白する霊

神が人類を滅ぼす怒りの日・・・洪水を悔いた神、新約の源流

霊魂の救いは終末

実のならない木から命の木に

故 五十嵐永吉 葬儀 式辞

怖がらなくてもいい 有体的復活は確実だ

「千の風になって」を聖書の観点から考える

直りにくい病気になった友人。

復活の使徒伝承を継承する・・・神は命を再創造する

「イエスの死」、その意味がわかる時

TSK日本語版 マルコによる福音書

新約の宮

復活の使徒伝承、口伝からインターネットまで・・・塚本虎二の場合・・・

エホバが我が嗣業(ゆづり)

死の悲しみと恐怖からの救い

TSK日本語版 マタイによる福音書

エクレシアが記念すべきこと・・「ナルドの香油」に学ぶ

神に預けよ。

イエスの受難予告は事後預言

人生の終わりと復活の希望

イエスの復活を信じられるようになった理由

死ぬとはどういうことなのか

イエスの復活とはどういうことだったのか

「命の木」・・・その喪失と回復・・・

塚本先生からの宿題

永遠の命とは何か

最後の審判がある

永遠の命をいただくにはどうすればよいのか

泣くな! 崩壊家庭の子供

死は有体的復活への門

黒崎幸吉著 註解新約聖書WEB版

泣くな!ほんとうの命が神によって与えられる

建築を通して学んだ聖書

死の悲しみと復活の喜び

不条理な人生をどう捉えるか・・ヨハネ9章「生まれつきの盲人」に学ぶ

予期せぬ出来事・・・2009..5.10〜5.14のブログから、

「わたしがそれである」との出会い・・・神が備える「その時」・・・

人生の不条理は神の愛の存在証明

建築を通して学んだ聖書・・・・聖書の人生読み・・・・

彼女を記念しなさい・・・「姦淫の女」物語伝承の研究

霊とは何か・・・・神の存在は心の眼が開かれることによって分かる。

キリスト教が分かりにくい理由。

人生を悔いる日。

「塚本虎二訳研究」サイトのお知らせ

神の国を信じ抜く・・・信じて待つことのむずかしさ

人間、この有限なる者としての悲しみ・・・有体的復活の使徒伝承に連なる喜び

死の悲しみと淋しさ・・・有体的復活の使徒伝承を信じる道がある。

死の悲しみの克服は・・・有体的復活の使徒伝承が信じられる日。

金持ち(物持ち)も救われるか

金持ちが永遠の生命に縁遠い理由

永遠の住居(すまい)とは何か

詩篇第126篇を読む

建築人生を決定した本、塚本虎二著「放蕩息子とその父」

なぜ今『胃ガン疑惑』であったか

平安な死を迎えるには

自分の十字架とは何か

「からだのよみがえり」と陰府を信ず

内村鑑三の建築観と芸術観を批判する、

信仰なき者の救い・・・黄泉がある。 

我が心の藤林益三先生

来世では結婚生活なし。

大熊好子さんの思い出。 

キリスト信者はなぜ身内から疎まれるのか。

高橋保有「初代教会史文献」。 

聖書の深いところは人生の苦難でわかる。 

何故キリスト教徒になったのですか。

「千の風になって」  Oh No !

永遠の生命を得るにはどうしたらよいのか

負い目と赦し。

イエスの復活は罪の赦しを教えてくれる。  

人間イエスが神の子に見える日。

神が礼服を着せてくれる

正統信仰の源泉に連なる。

信仰なき人はどうなるのか。


十字架を負わされた時の慰め。

故長谷川浩納骨式式辞。

聖書の風。

本物を感じとることができる人

神の義はその福音のうちに現われ

「身体のよみがえり」とはどういうことなのか。

一番大切なこと。 

分かりにくいキリスト教。 

死んだらどうなるのか。

イエスの復活。

復活の喜び・・・復活信仰への旅。

胸が熱くなって見えたもの――現代無教会のグノーシス的傾向

「信仰告白」はどのようにして誕生したか。

死の悲しみと永遠の生命

inserted by FC2 system